地中熱利用で安全に電力供給|クリーンエネルギーの活用方法

男性

地中熱を使って省エネ化

作業員

地中熱利用とは、地中の温度が一定であることを利用した空調設備などの省エネ化ができる方法です。地中は一定の深さになると地中内の温度が15度前後で安定するため冬には外気温よりも高くなり、ヒートポンプシステムの熱源を地中に求めることで、ヒートポンプの弱点であった冬場の熱効率を上げることができます。

読んでみよう

地中熱を使った冷暖房

工事

浅い領域の地中には太陽エネルギーが蓄えられており、その温度は1年を通じて大きな変化がありません。そうした地中熱を冷暖房に活用するためのエネルギー利用法が開発され、ヒートポンプ方式として実用化されています。地中熱利用の冷暖房システムは一般のエアコンより省電力で、地球環境にも優しいエネルギー利用法です。

読んでみよう

クリーンな冷暖房システム

住宅

どこでも導入可能

自然由来の再生可能エネルギーには太陽光・風力・地熱などがありますが、これらと並んで注目を集めているのが地中熱です。地中熱は地熱と似た言葉ですが、意味するところはまったく異なります。地熱とは火山活動に伴って高温となっている地中の熱エネルギーを利用するものですが、地中熱では地表と地中の温度差を利用します。したがって、地熱利用はもとより、太陽光発電などと比べても気象条件や地理的条件に関係なくエネルギーの産生量が安定しているという特徴があります。地中熱利用システムは、各地の工場・学校・大型商業施設などに導入されています。最近では個人住宅での利用も進んでいます。省エネルギーと環境保護の両面から評価されているシステムです。

空調コストを節減

地中の温度は地表に比べて季節ごとの温度差が少なく、地下50〜100メートルあたりでは年間を通じてほぼ5〜15℃の間で安定しています。したがって、夏は地表より低温で、冬は高温になります。地中熱利用ではこの熱を地表に放出することで、夏は冷気を、冬は暖気を得ることができます。地中熱を取り出すには、エアコンと同じくヒートポンプという装置を使用します。ただしエアコンが空気から熱を取り出すのに対し、地中熱利用では液体や気体を地表と地中の間で循環させるだけです。そのため排気が発生しません。また、ファンを回す必要がないため、静音性にも優れています。地中熱利用は地中深くに装置を埋設するため、設置費用が高額になる点には注意が必要です。しかしランニングコストはガスや電気を直接冷暖房に使用するよりも割安なので、利用が長期にわたるほど高い経済性を発揮します。

省エネの新しい形

ウーマン

アメリカで普及している地中熱利用は、日本でも広まってきています。熱を移動させて冷暖房に利用できるシステムで、導入の際はポンプの取扱業者に依頼します。大規模な施設だけでなく個人宅にも普及が始まっているため、最寄りの取扱店を探してみると良いでしょう。導入は室外機の騒音や熱を抑える効果もあります。

読んでみよう